デザイン書家の小川翔月です^^

点と線でつくる ♪
シンプルな手書きアート

アイデアをお伝えしています。



ポチっ
応援していただけると嬉しいです^^
 
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ





ちょっと前になりますが、
Yahoo!ニュースにこんな記事が出てまして。

そば屋やうなぎ屋で見かける「読めない看板」の文字、意味と読み方は?



生そば





そば屋さんの暖簾って
よくこんな字書いてますよね〜。



読めない!!



そう思ってる方も多いのではないでしょうか?



漢字のようで、平仮名のような
よく分からん…謎の文字。



その正体は
「変体仮名(へんたいがな)です。




ちょっと名前が
いかがわしい気もしますが^^;



今、日常的に使っているひらがなは
元々は漢字だったんです。




Yahoo!ニュースの記事にも書いてあるのですが


「か」の元の漢字って
「加」なんです。


形が似てますよね?

「加」が崩れて「か」になったんだな〜って
分かる気しませんか?


これ、48音全部、
元になる漢字があるんです。




ただ、この「KA」という読み方をする漢字は
他にももっとあって。

それが「可」や「」や「我」。




元々は、ひらがなとして使われていたのに
近代に入ってひらがなの字体の統一が進む中で
今のひらがなに選ばれなかった仮名のことを
「変体仮名」と呼んでいます。




ややこしい話が長くなっちゃったけど
話を戻して。




上の画像の、
ニュースにもなってた「読めない看板」の文字。


「きそば」って書いてるんですけど。
生そば_01

こんな風に書いてる看板も見かけます。
元は、どちらも同じ漢字です。

くずす程度が違うだけ。


と言いつつ、、
上の「む」みたいな字は濁点も打たれてますね。

ちょっと違ったけど…^^;






元の漢字はコチラ♪
生そば_02
「生楚者」って書いてるんです。








∩゙ヽ(。・ω・。)へぇ~








知ってるからどうってこともなく、
知らないからといって
ま〜ったく何の問題もないですが(笑)




今回の「生そば」の「き」は「生」になってたけど
「幾楚者」って書いてる看板も見かけますね〜。





ちなみに、変体仮名ではなく
今のひらがなの「そば」を元の漢字にすると?

「曽波」




でも、「曽波」って書いてる看板は
見かけませんね〜。
なぜだろう??



わたし、看板見るの好きなんで
日頃からあちこち見てるんです ( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*


天ぷら屋さんの看板も
変体仮名で書いてること多いです^^


街の中にある「読めない看板」でも
実際は、ちゃんと読めるので。

元の字何だろ〜と探って見るのも楽しいですよ♪



「読めない看板」見つけたら
ぜひお知らせくださいませ♡




NHKカルチャー青山教室で
手書き文字レッスンを行います^^
ご興味ありましたら、ぜひお出かけください♡


170829_01_2643


***********************************
 ブログランキングに参加しています。
 クリックいただけるとランキングが上がって
 更新の励みになります。
          
  にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ 

 いつも本当にありがとうございます^^
***********************************


インテリアになる命名書・タイポグラフィアートの
オーダーメードの注文も受け付けております!
 詳しくはこちら

命名書のお問い合わせはこちら→ 

banner_mix01

Instagram